亜鉛の性質

亜鉛の性質

亜鉛は、ミネラルの一種です。ミネラルというのは総称で、その他にカルシウムやカリウム、マグネシウム、鉄や銅などもミネラルに含まれます。
ミネラル豊富な〜というように、ミネラルを含む食品は栄養価の高い食品として売られていることが多くあります。それだけ、普段の食事で摂取することが難しいということが言えるのでしょう。
亜鉛を多く含む食品として、文句なしに1位なのが牡蠣です。生牡蠣や焼き牡蠣、カキフライなどで食べることのあるあの牡蠣です。
この牡蠣という食品は亜鉛の含有量そのものが、ダントツに一番多いので、亜鉛=牡蠣と連想されます。
亜鉛のサプリメントに牡蠣を使用したものが多いのも納得です。
その他には牛肉やレバー、パルメザンチーズなどがありますが、どの食品も毎日のように食べる食品ではありません。
私たちの殆どは亜鉛不足になっているというのも納得です。

 

また、亜鉛の性質として、消費されやすいということが言えます。ストレスを感じたとき、運動をした後、病気になったときなど、亜鉛を消費する行動は多くあります。
ですから、亜鉛は常に摂取して行かないと、体内に不足してしまうのです。とはいえ、食品での摂取は限界があるように思います。確実な摂取方法としてサプリメントが有効なのです。